エンゼルス・大谷翔平の“恩人”が退団へ エプラーGMと来季契約結ばず(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

エンゼルスは今季の全日程が終わった27日(日本時間28日)、ビリー・エプラーGM(45)と、来季の契約を結ばないことを発表した。15年10月から現職を務めていた。

 大谷翔平投手(26)にとっても“恩人”でもある。エプラーGMは激しい争奪戦となっていた大谷の獲得に尽力。入団決定後も、二刀流継続をサポートしてきた。17年に大谷の入団が決まった際にはうれしさのあまり「いすに座ろうとして転げ落ちた」というほど、大谷の獲得を待ち望んでいた。

 在任期間中にポストシーズン進出はならなかったが、大谷だけではなくシモンズやレンドンといった打線の中軸を獲得。主砲・トラウトとも長期契約を結ぶなど、その手腕には注目が集まっていた。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。