【神戸新聞杯】骨折休養明けのグランデマーレは17着 藤岡佑「大きいところへ挑戦できる馬」(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

9月27日の中京11Rで行われた菊花賞トライアル・第68回神戸新聞杯(3歳オープン、牡・牝、GII、芝・2200メートル、馬齢、18頭立て、1着賞金=5400万円)は、福永祐一騎手騎乗の1番人気コントレイル(牡、栗東・矢作芳人厩舎)が直線で軽々と抜け出し圧勝。タイムは2分12秒5(良)。

 コントレイルと同じく無敗だったグランデマーレは、骨折休養明けで約10カ月ぶりの実戦で17着。最内枠から好スタートを決め2番手で積極的にレースを展開するも、直線に入ると鞍上のGOサインにまったく反応せずズルズルと後退した。

 ◆藤岡佑介騎手「久々のレースでしたが、返し馬では成長を感じました。久々のぶん、最後はばったりと止まりましたが、順調に使っていけば、大きいところへ挑戦できる馬です」

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントは受け付けていません。