【神戸新聞杯】ヴェルトライゼンデ上がり最速で2着 池添謙「菊花賞が楽しみになった」(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:サンケイスポーツ

9月27日の中京11Rで行われた菊花賞トライアル・第68回神戸新聞杯(3歳オープン、牡・牝、GII、芝・2200メートル、馬齢、18頭立て、1着賞金=5400万円)は、福永祐一騎手騎乗の1番人気コントレイル(牡、栗東・矢作芳人厩舎)が直線で軽々と抜け出し圧勝。タイムは2分12秒5(良)。

 日本ダービー3着のヴェルトライゼンデは、熱発の影響でセントライト記念を回避し、万全を期して臨んで2着。大外枠からゲートを出ると道中は後方を追走。直線で外に持ち出すとメンバー上がり最速35秒4の末脚を繰り出した。

 ◆池添謙一騎手「大外枠でなかなか内へ入れられず、向こう正面でようやく内に入れ、直線で外へ。よく伸びており、菊花賞が楽しみになった」

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントは受け付けていません。