川田先輩が落馬…中京のダートでは、以前からあの地点で内に行く馬が多いんです【浜中俊コラム】(中日スポーツ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:中日スポーツ

先週土曜(19日)の中京7Rをキャノンバローズで勝つことができました。前走は出遅れましたが、今回はスタートを決めてハナへ。行きっぷりがよく、抑えるよりもリズムを優先すべきだと判断して、大逃げの形に。さすがに最後は止まり気味でしたが、よく踏ん張ってくれました。

 ところで、この日の4R新馬戦で、川田先輩が直線半ばで落馬するアクシデントがありました。内ラチを飛び越え、見ていてヒヤッとしましたが、幸い無事だったのが何より。ただ、中京のダートでは、以前からあの地点で内に行く馬が多いんですよね。実際、キャノンバローズも内に行こうとしていました。

 ちょうど1800メートルのスタート地点で、ゲートを出し入れするところなんですけど、なぜか吸い込まれるように、内に行ってしまうんです。中京競馬場の方々にもいろいろ対策してもらっているのですが、完全に解消するのは難しそう。いずれにしろ、事故が続かないことを願いたいです。

 日曜も中京です。どの馬も乗ったことがないので分からないのですが、12Rのスズカゴーディーは、いい脚を持っていますし、展開が向くようならチャンスがありそうです。

【広告】



コメントは受け付けていません。