【巨人】中島宏之、一時同点となる2点打…野手最年長コンビの相棒・亀井不在をカバー(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 巨人2―3中日(26日・東京ドーム)

 気迫が、力強いガッツポーズに表れた。中島が拳を突き上げる。「追いつけるチャンスの場面だったので、一人でもかえせるように、積極的に打てるボールを振っていこうと思っていました。シンプルに、投手に入っていって打ちにいくことができました」。2点を追う7回1死二、三塁。福谷の低め148キロを中前にはじき返した。三塁走者の坂本に続き、岡本も二塁から激走して生還。一時は試合を振り出しに戻した。

 精神的支柱としてともにチームを引っ張ってきた同い年の亀井が、左脚内転筋違和感のため25日に登録抹消となった。野手最年長コンビは一時解消となったが、相棒不在をカバーすべく中島は元気いっぱいだ。25日の試合では3安打するなど、最近5試合で19打数9安打と好調。規定打席には足りていないが、打率は25日に引き続き3割ちょうどをキープしている。

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントは受け付けていません。