14歳15日の玉井陸斗、板飛び込み史上最年少V…自己採点は「80点くらい」(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

◆飛び込み日本選手権第2日(26日、新潟・長岡市ダイエープロビスフェニックスプール)

 男子3メートル板飛び込みは、中学2年の玉井陸斗(14)=JSS宝塚=が439・35点で初Vを飾った。日本水連によると、14歳15日での優勝は、板飛び込みでは、男女通じ史上最年少となった。昨年の日本選手権では高飛び込みで最年少優勝をしており、2つ目の記録ホルダーになった。得意の高飛び込みで東京五輪を目指す超新星は、24年パリ五輪は板飛び込みでも出場を目指す考えを明かした。

 天才少年にまたひとつ勲章が加わった。玉井は6本の試技合計で439・35点。2位に40点以上の大差をつける圧勝劇だった。「(自己採点は)80点くらい。また新しい記録をつくれて素直にうれしい」と、声変わりして、少し低くなった声ではにかんだ。

 今月11日が14歳の誕生日。大先輩であるレジェンド・寺内健が1995年に打ち立てた、14歳11か月での優勝を大幅に塗り替えた。コロナ禍で本格的な練習再開は6月から。2月の国際大会派遣選考会以来となる全国規模の大会で「気合を入れて、自分らしい演技ができたら」と、集中を高めていた。

 東京五輪が延期となり、日本男子の史上最年少出場を果たせなかった。「今年、五輪をやりたいとは思っていたが、トレーニングをする時間も増えて、悪いことじゃないと思った」。昨年4月にシニアデビューした際のサイズは143センチ、36キロだったが、今は152センチ、46キロまでアップ。下半身も鍛え、力強さが増した。

 板飛び込みでの東京五輪出場の可能性はないものの、今後は「高飛び込みがメインだが、両方で五輪を狙っていく」と、24年パリ五輪に照準を合わせた。27日は本命種目の高飛び込みが待つ。「連覇がかかっているので、自分らしい演技で優勝したい」と、堂々と宣言した。(太田 倫)

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。