ロッテ・福田秀、古巣相手に初打点 沢村だけじゃない’20新加入組(サンケイスポーツ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ7-4ソフトバンク、13回戦、ロッテ9勝3敗1分、25日、ゾゾマリン)パ・リーグ2位のロッテは25日、ソフトバンク13回戦(ZOZOマリン)に7-4で勝ち、連敗を3でストップ。鷹に1ゲーム差に迫った。福田秀平外野手(31)が二回、古巣から初打点となる勝ち越しの2点打を放ち、勝利に貢献。観客数の上限緩和で本拠地に今季最多の8337人が詰めかける中、首位攻防3連戦の初戦を制した。

 気持ちを込めた一打となった。今季、ソフトバンクからフリーエージェント(FA)でロッテ入りした福田秀が、古巣から初打点となる適時打を放ち、チームの連敗を3で止めた。

 「とにかくヒットを狙いにいきました。体がうまく反応しました。(古巣から初打点は)敵なので、そこは気にせずにやっています」

 先制された直後の二回だ。敵失で同点とし、なお2死二、三塁。左腕ムーアのチェンジアップを中前へ。勝ち越しの2点打になった。

 8月下旬から右恥骨筋損傷で約1カ月間、離脱した。今月23日の復帰後は3試合連続安打。打線はこの回に6安打を集めて5得点。首位・ソフトバンクと今季の命運を左右する3連戦の初戦を取り、1ゲーム差に接近した。

 福田秀は開幕直前、6月16日の巨人との練習試合で死球を受け、右肩甲骨を亀裂骨折。ソフトバンクとの開幕戦には2本の注射と5錠の痛み止めを服薬して強行出場したが、2戦目で離脱。7月23日に1軍復帰したが不振に陥り、8月に再びチームを離れた。

 「早く戻りたかったけど、戻ったところで戦力にならなかったら前回と一緒なので」

 観客の上限緩和で、この日の本拠地ZOZOマリンスタジアムには8337人のファンが詰めかけた。右大腿二頭筋の筋損傷で離脱していた荻野も1番で復帰。井口監督が理想に掲げる福田秀との1、2番コンビが初めて実現した。

 「久しぶりにお客さんが増えて、選手は拍手で奮起してくれましたね」と指揮官。9勝3敗1分けと圧倒する鷹との3連戦で首位浮上を狙う。(湯浅大)

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントは受け付けていません。