翔猿、首位キープ 106年ぶり新入幕Vへ貴景勝も食う!!/秋場所(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

大相撲秋場所13日目(25日、両国国技館)新入幕の東前頭14枚目翔猿(とびざる、28)は隆の勝(25)を送り出して11勝目。2敗同士の対戦で、大関貴景勝(24)を突き落とした関脇正代(28)と首位を並走する。13日目を終えて新入幕力士がトップにいるのは、昨年秋場所の剣翔以来。大関朝乃山(26)は関脇御嶽海(27)を破って10勝目。正代と翔猿を3敗で朝乃山、貴景勝、平幕若隆景(25)と阿武咲(24)の4人が追う。

 勢いが、眠っていた能力を引き出したのかもしれない。翔猿が相手を術中にはめて、5連勝。11勝目を挙げ、関脇正代とトップを並走する。

 「ちょっと『待った』だと思った。相手がきたので、切り替えて動いた」

 気の抜けたような立ち合いに見えた。翔猿は上体をフワリと起こしただけで、当たれない。踏み込んできた隆の勝の圧力をまともに受け、一気に後退。だが左へ左へ回り込み、相手のバランスを崩して最後は前のめりにさせて、送り出した。

 遅れて立ったようにみえて、実際には先手を取って有利に導く「後の先(ごのせん)」のような立ち合いだ。土俵から飛び出していった相手の後ろ姿をみた翔猿は、驚いたような表情を浮かべ、「アッ、勝っちゃったみたいな感じで…」。

 「後の先」は剣術用語で、斬りつけてきた相手が、体勢の修正がきかない段階で斬り返すこと。最多連勝記録(69)を持つ不世出の大横綱双葉山が追求し、受けて立ちながら「後手必勝」を決める横綱相撲の奥義ともいわれる。大正3年夏場所、東前頭14枚目の両国以来となる106年ぶりの新入幕優勝へ。1世紀以上も眠っていた偉業に挑む翔猿に、“気”が漂い始めた。

 新入幕力士が13日目を終えて首位に立つのは、昨年秋場所の剣翔以来。今場所初めて幕内後半戦での取組を白星で飾り、「(自分を)幕内力士らしいな、と思った」と笑みを浮かべて実感する。

 きょう14日目は結びの一番で、出場している力士では最高位となる大関貴景勝へ挑む。「(幕内下位で)結びで取れることなんてない。(緊張感より)ワクワク感が強い。挑戦者のつもりで、思い切り平常心でぶつかっていく」。一発勝負。失うものはない。(奥村展也)

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントは受け付けていません。