怪物マシンをねじ伏せたセナ、プロストら 90年代F1ドライバーに魅了される理由(スポーツナビ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツナビ

1980年代後半から90年代のF1は、今も世界中の多くのファンを魅了している年代だと言える。日本のファンにとっては、87年からF1中継が開始され、本格的にF1を観ることができるようになった時代に、ホンダ・エンジンを搭載したマシンが活躍したことも、それを後押ししただろう。

 アイルトン・セナやアラン・プロスト、ナイジェル・マンセル、ネルソン・ピケといった“F1四天王”が活躍し、中嶋悟が日本人として初めてフル参戦したこの時代のドライバーたちが魅力的に見えるのは、彼らがどんなドライバーなのか、マシンに乗っていてもその走りから分かりやすく見えてきたからではないだろうか。

 3度のチャンピオンを獲得したセナは、カリスマ性すら感じさせる速さでファンの心を惹きつけてやまない存在だった。8戦連続のポールポジション獲得は、いまだ破られていない記録である。

 コーナーでアクセルを小刻みにコントロールする、“セナ足”と呼ばれる独特のアクセルワークは、理屈では説明できない驚異のテクニックであり、彼のチームメートたちもまねできない代物であった。こうしたエピソードも、セナというドライバーをより特別な存在にしていた要素のひとつだったように思う。

 しかもセナは、87~92年の6年間にわたってホンダ・エンジンを搭載したマシンを走らせた。まさにホンダを背負う存在だったとも言える。日本のテレビ番組やCMにも多数出演したセナは、モータースポーツファンだけでなく、お茶の間でもアイドル的な存在となった。94年のサンマリノGPでこの世を去ってからも、多くのファンにとって特別なドライバーであり続けている。

【広告】

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントは受け付けていません。