ブルズの新監督にビリー・ドノバン氏が就任 サンダーで通算243勝157敗(スポニチアネックス)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:スポニチアネックス

今季22勝43敗と低迷し、3季連続でプレーオフ進出を逃したブルズが、契約満了でサンダーを退団していたビリー・ドノバン前監督(55)を新たな指揮官として迎え入れることになった。

 ブルズは2季にわたって指揮を執ったジム・ボイレン監督(55)を5月に解雇しており、監督人事がチーム編成の最重要事項。スポーツ専門局のESPNによれば、リトアニア出身のアーテュラス・カーニソバス球団副社長とカナダ出身のマーク・エバースリーGMの両フロントがドノバン氏を強く推し、ダルビッシュ有(大リーグ・カブス)や八村塁(ウィザーズ)らのマネジメントも手掛けるワッサーマン・メディアグループ所属のオリバー・ウインターボーン代理人と22日までに契約面で合意に達したと伝えられている。

 フロリダ大時代の2006年と07年にNCAAトーナメント(全米大学選手権)でチームを連覇に導いているドノバン氏は2015年、スコット・ブルックス氏(55=現ウィザーズ監督)を解任したサンダーの新監督に就任。それまで主力だったケビン・デュラント(31=現ネッツ)やラッセル・ウエストブルック(31=現ロケッツ)らが抜けていく中で、通算243勝157敗という成績を残し、5季連続でプレーオフ進出を果たしていた。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。