高橋光、今季最短で降板…「西武」通算3000勝目はお預け(サンケイスポーツ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武1-5日本ハム、16回戦、日本ハム11勝5敗、22日、メットライフ)チーム名に「西武」と冠してから、通算3000勝目に王手をかけた一戦。先発マウンドに高橋光が上がったが、四回途中5失点でKO。今季最短で降板した。

 「与えてはいけない先制点を初回に与えてしまった。そのまま序盤で大量失点となってしまい、チームに大変申し訳ないです」

 5試合連続クオリティースタート中と好調の右腕だったが、序盤につかまった。一回に2死から近藤に左翼線を破る二塁打で2死二塁とされ、続く中田に甘く入ったカットボールを完璧に捉えられ、左翼席に突き刺さる先制2ランを浴びた。

 二回にも1死二塁から清水に左越え2ランを浴びるなど、二回までに2発を被弾して4失点。四回に1死満塁から西川に右前適時打を打たれたところで降板した。前日21日には「しっかり9回くらいまで投げきり、中継ぎ陣を休ませたい」と意気込んでいたが、試合を作れなかった。

 打撃陣は、急性腰痛のため出場選手登録を抹消されていた木村が復帰し、9月4日の日本ハム戦(札幌ドーム)以来の先発出場。六回に栗山の右前適時打で1点を返したが、日本ハム先発の上沢に七回までこの1点だけと封じ込まれた。(樋口航)

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントは受け付けていません。