【一問一答】大勝の阪神・矢野監督「悔しい思いはずっとしている」(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人0-11阪神、16回戦、巨人12勝4敗、17日、東京ドーム)阪神が11得点を奪って大勝し、このカードの東京ドームでの連敗を8で止めた。以下、矢野燿大監督の一問一答。

 --いい勝利になった

 「先制できましたし、西勇もいい形で投げてくれたので、いい試合になりました」

 --西勇は2試合連続の完封。内容は

 「状態はたぶんそんなによくはなかったと思うんですけど、その中でも丁寧に投げていた。状態にあまり左右されず投げるという西勇の引き出しの多さというか、技術が出たと思います」

 --打線もつながりがあり、活発に

 「追う立場の僕たちがどんどん点を取るっていうのは大事なんですけど、(このカードの)1戦2戦で悔しい思いしたので、きょうはしっかりやってくれました」

 --近本がすごかった

 「ホームランもこの東京ドームでよく出てましたし、相性よくというか、そういうのもあるかもしれないですね」

 --1、2戦目の悔しさは

 「もちろんね、ここで勝ってないのはわかってましたし、悔しい思いはずっとしてるんでね。それは十分に思いを込めた中でやられたんで、すごく悔しかったです」

 --梅野の状態は

 「ちょっと今ここではっきり言える状態じゃないですけど、試合に出るには難しいと判断しました」

 --ボーアは久々に本塁打も

 「ボーアのところで試合を決めるというか、きょうもいい一発だったと思うし。きょうは流れの中で打った一本だと思うんだけど。ボーア自身が試合を決めるような、そういう場面での打点、ホームランをどんどん増やしてくれると、チームはもっと上にいくと思うんで。試合の中の流れで大きな一本というのを、これからまた期待していきたい」

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。