【阪神】東京ドーム7戦全敗で自力V消滅 7回に梅野隆太郎のバスターエンドラン失敗でジ・エンド(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 巨人6―3阪神(15日・東京D)

 阪神が今季、東京ドームで7戦全敗となり、自力優勝の可能性が消滅した。

 近本のプロ初となる1試合2発などで主導権を握っていたが、6回に先発・高橋が岡本に同点適時打を浴びた。さらにリリーフした岩貞が1死満塁から大城に右前への2点適時打を浴び、試合をひっくり返された。

 その直後の7回に打線が小幡のヒットと近本の四球で無死一、二塁のチャンスを作った。だが梅野の打席で1ボールからバスターエンドランのサインが出たが、高梨の内角低めのスライダーに痛恨の空振り。三塁に走った二塁走者の小幡が憤死し、あっけなくチャンスがつぶれた。

 チームは連勝が4で止まり、首位・巨人に今季最大となる10・5ゲーム差をつけられた。矢野監督は「タイガースらしい戦いで精いっぱいやりたい」と話していたが、痛恨の返り討ちにあった。05年以来、15年ぶりのリーグ制覇は厳しい状況に追い込まれた。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。