【鳥栖】ルヴァン杯・広島戦が直前に中止…「新型コロナ陽性または可能性が高い」 金明輝監督に続いて感染拡大(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知アクセスランキング(サッカー)雑誌アクセスランキング(スポーツ)トップ速報ライブ個人特集みんなの意見ランキング有料RSSニュース提供社プライバシー利用情報について利用規約メディアステートメント記事掲載ポリシー著作権特定商取引法の表示ご意見・ご要望ヘルプ・お問い合わせ

鳥栖は12日、クラブ内に新型コロナウイルス感染症の検査で「陽性」または「陽性の可能性が高い」複数名の該当者がいるとの結果が出たと発表した。これを受け、この日午後7時から開始予定だったルヴァン杯のアウェー広島戦が中止となった。キックオフまで、わずか約4時間前の発表となった。11日に金明輝監督(39)の感染が発表されたばかりだった。

 11日に金監督の感染が発表された時点では、トップチームの選手、スタッフら関係者に体調不良を示している人はいなかった。選手にも金監督との濃厚接触者はいなかったが、同日に選手、スタッフ、アカデミースタッフなど全員がPCR検査を実施していた。

【広告】


コメントは受け付けていません。