【ラグビーコラム】SRニュージーランド、優勝決まっても最終戦は見逃せない(サンケイスポーツ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:サンケイスポーツアクセスランキング(スポーツ総合)雑誌アクセスランキング(スポーツ)トップ速報ライブ個人特集みんなの意見ランキング有料RSSニュース提供社プライバシー利用情報について利用規約メディアステートメント記事掲載ポリシー著作権特定商取引法の表示ご意見・ご要望ヘルプ・お問い合わせ

【ノーサイドの精神】スーパーラグビーのニュージーランド(NZ)大会「アオテアロア」は最終節を残し、クルセーダーズが優勝を決めた。昨年までの正規大会3連覇に続く“V4”。今季から主将を務めるLOサム・ホワイトロック、SOリッチー・モウンガら、3位だったW杯日本大会に出場したNZ代表8人を擁する、王者にふさわしいチームだ。

 現パナソニック監督のロビー・ディーンズ氏が2000年から2008年までヘッドコーチを務め、優勝5度、準優勝2度という黄金時代を築き上げた。当時はFLリッチー・マコウ(引退)、SOダン・カーター(現ブルース)らスーパースターも在籍。常勝軍団の名をほしいままにしていた。

 南島にある本拠地、カンタベリー州クライストチャーチは、ラグビー王国NZの中でも一、二を争うラグビー熱の高い地域。元日本代表WTBで前関西協会会長の坂田好弘氏の留学先としても知られる。

 16日の最終節、クルセーダーズはどんな戦いをするのだろう。おそらく“消化試合”にはならないだろう。相手はブルース。本拠地は北島のオークランドで、1987年の第1回W杯を制したときのNZ代表は半分以上がオークランドの選手だった。一時低迷した時期もあったが、クライストチャーチと国内を二分する勢力で、互いに譲れないライバルという関係なのだ。

 ブルースにもSO/FBボーデン・バレット、CTBリーコ・イオアネらW杯出場組が4人。今季はホームゲームで3戦全勝しており、クルセーダーズ戦もホームの“聖地”イーデンパークで開催されるだけに、優勝の美酒が抜けないまま試合を迎えると、さしものクルセーダーズも足をすくわれかねない。

 7月11日にクライストチャーチで対戦したときは、トライ数はともに2本だったが、モウンガが4PGなどゴールキックが好調で、ブルースに後半なかばまでリードを許しながら26-15でクルセーダーズが逆転勝ちした。大会の掉尾(とうび)を飾る、白熱した試合を期待したい。(この記事のアップ後、オークランドで新型コロナウイルスの新たな感染者が出て、同市は14日までロックダウン=都市封鎖=となることが明らかになった。試合の開催については協議を継続しているという)(田中 浩)

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

 ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。