【一問一答】マー君、調整段階で公式戦投げるメンタル面の難しさに「割り切っている」(サンケイスポーツ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:サンケイスポーツアクセスランキング(野球)雑誌アクセスランキング(スポーツ)トップ速報ライブ個人特集みんなの意見ランキング有料RSSニュース提供社プライバシー利用情報について利用規約メディアステートメント記事掲載ポリシー著作権特定商取引法の表示ご意見・ご要望ヘルプ・お問い合わせ

【ニューヨーク11日(日本時間12日)】ヤンキースの田中将大投手(31)が12日午後7時5分(日本時間13日午前8時5分)開始予定の本拠地でのブレーブス戦で今季初勝利を懸け、3度目の先発に臨む。12日はオンライン会見に応じ、「しっかり調整してきた。マウンドで良い部分を出していけたらボールもしっかり動いてくれると思う」と自信を示した。

 --いまの体の状態、次回の球数?

 「体の状態は良い状態にあると思います。球数に関しては、急激に球数が一気に増えることはないと思うので、決められた球数の中で自分の持っているものを全て出し切るっていう考えしかないです」

 --ブーン監督は球の精度がシャープと評価

 「それをコンスタントに続けていかないといけないっていう所はありますけど、前回登板に関してはかなりいい手応えっていうのは感じていたので、あすの登板に向けてきょうまでしっかりと調整してきましたけど、調整の中でも良かった所をおさらい、復習しながらやってきた感じです」

 --本来であれば調整の段階だが公式戦で投げるのはメンタル的に難しいのでは?

 「こういう状況だっていう風に自分の中ではっきりと割り切っているので。打球が当たったという所からもういろんな意味で吹っ切れたというか逆に。こういう状況だからしょうがないから1つずつやっていくしかないだろう。っていう気持ちでしかないので。そのアクシデントがあった所からもうすっぱりと割り切ってやっていこうってことしかないので。そこに関しては特に考えてないというか、決められた中でしっかりとやっていこうという感じですかね」

 --先発としてはチームの勝ち負けを背負うと思うが、勝つために投げるのは変わらない?

 「そこはもちろん、全然変わらないですね」

 --投げ込み不足の中でも球は仕上がってきている?

 「初戦から比べて、格段に自分の感覚の中では前回登板はよくなりました。それもそれなりに、自分の中では根拠があって、よくなるだろうと思ってやっていたので、そういった所を今回あすの登板に向けて、前回の登板からローテーションの間、色々と自分の中でおさらいをしながら調整してきましたけども、そういった良い部分をあすのマウンドでも出していけたらボールもしっかり動いてくれると思います」

 --ズーム会見について?

 「何だろう、やっぱでもみなさんと会って、いろんな質問に対する、質問をされることに対してもそうだし、僕が答えることに対しても、熱量みたいなものていうものは、その現場があって伝わるものもあるじゃないですか。そういうのがないのはちょっと寂しいかなと思いますね。こうやって会見する分には普通にはもちろん話はできますけど、例えば冗談言ってもあんまりよく伝わらなかったりとか、そういうのはつまんないなと思いますね。」

 --ワインドアップ2試合投げて、気持ちよく投げられている実感は?

 「そこはあります。そもそもワインドアップは自分の中で気持ちよく、変にストレス抱えながら投げるんじゃなくて気持ちよくって所で、それがやっぱりいいフォームの流れ、いいリズムにつながっていると思いますし。実際ワインドアップでゲームの中で投げてみて、一戦目感じたことで、修正加えて2戦目良くなったことで、だいぶ自分のものにしていきながら投げられていると思います」

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。