【北北海道】旭川龍谷、大敗も高橋健監督「最後まで試合ができたんだ!サイコーだよ!」(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知アクセスランキング(野球)雑誌アクセスランキング(スポーツ)トップ速報ライブ個人特集みんなの意見ランキング有料RSSニュース提供社プライバシー利用情報について利用規約メディアステートメント記事掲載ポリシー著作権特定商取引法の表示ご意見・ご要望ヘルプ・お問い合わせ

◆高校野球代替大会▽北北海道決勝 クラーク10―0旭川龍谷(11日、旭川スタルヒン)

 壁は厚かった。18、19年の準々決勝でも敗れていたクラークに投打で圧倒され、旭川龍谷の夏が終幕。それでも試合後のベンチには、高橋健監督(48)のねぎらいの言葉が響き渡った。「おまえら立派だ! 最後まで試合ができたんだ! サイコーだよ!」。ナインは胸を張って整列した。

 今大会は準決勝までの全3試合でリリーフ登板した長谷隼兵投手は、初先発で4回5失点。独特の緊張感からか守備の乱れが連鎖した。「自分のミスも絡んで少し悔しい部分もある。ここまで来ると、やはり手ごわい。でも、冷静に投げられたと思う」と話した。

 1回戦では5点差、準々決勝では4点差をひっくり返すなど、大会を通じて驚異的な粘りも見せた。高橋監督は「最後まで諦めないところが成長。後輩のためにたのもしい姿を見せてくれた」と3年生をたたえた。(石井 睦)

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。