【オリックス】2番・吉田正、3番・伏見の新オーダーはまった ロッテ戦連敗7で止めた(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知アクセスランキング(野球)雑誌アクセスランキング(スポーツ)トップ速報ライブ個人特集みんなの意見ランキング有料RSSニュース提供社プライバシー利用情報について利用規約メディアステートメント記事掲載ポリシー著作権特定商取引法の表示ご意見・ご要望ヘルプ・お問い合わせ

◆パ・リーグ オリックス3―1ロッテ(6日・京セラドーム大阪)

 新オーダーがピタリとはまり、オリックスが引き分けを挟んだ連敗を2で止めた。立役者は今季先発6試合目で初の3番に抜てきされた伏見だ。1点リードの5回2死一、二塁。フルカウントから岩下の148キロを気迫ではじきかえした。右前に落ちる適時打を放ち、マーティンの悪送球の間に一塁走者も生還して貴重な追加点が入った。

 男の意地だった。直前に吉田正が申告敬遠。「歩かせて僕勝負は頭にあった。やっぱりな、と。何とか打ってやろうとね」。心はホットに、頭はクールに。18年8月22日の楽天戦以来の打順でクリーンアップの仕事を果たした。

 3回無死三塁から今季初めて2番に入った吉田正の二ゴロで8戦ぶりの先制点を挙げ、試合を優位に進めた。開幕からのロッテ戦の連敗を7で止めた西村監督は「2、3番が機能してよかった。絶対に勝たないといけないと思っていた」と采配がはまり安どの笑み。これを反攻への確かな一歩とする。(宮崎 尚行)

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。