【阪神】メルセデス攻略!4回に植田海2点二塁打&陽川尚将は中前適時田(スポーツ報知)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:スポーツ報知アクセスランキング(野球)雑誌アクセスランキング(スポーツ)トップ速報ライブ個人特集みんなの意見ランキング有料RSSニュース提供社プライバシー利用情報について利用規約メディアステートメント記事掲載ポリシー著作権特定商取引法の表示ご意見・ご要望ヘルプ・お問い合わせ

◆JERAセ・リーグ公式戦 阪神―巨人(6日・甲子園)

 阪神打線が4回に難敵のメルセデスをKOした。

 1死から梅野が四球を選び、木浪の投手強襲安打で一、二塁にすると相手バッテリーの隙を突いて重盗に成功。好機を広げ、植田が右中間への2点二塁打を放った。「食らいついて打ちました。良いところで打つことができて良かったです」。正二塁手の糸原が故障離脱する中、高卒プロ6年目の若武者が今季初打点を挙げる働き。この一打で2死後、先発左腕をマウンドから降ろした。

 さらに、二塁に走者を置いて、陽川が中前タイムリー。「みんなが四球や安打でつないでくれたので、その流れに乗って打つことができました。いい結果になって良かったです」。2番手でマウンドに上がった沼田の直球を捉え、貴重な追加点を奪った。

【広告】


ハッピーソックスで貴女も皆もハッピーに!

コメントは受け付けていません。