ヤクルト・青木、先制の中前適時打「先に点を取ることを考えて打席に入った」(サンケイスポーツ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:サンケイスポーツアクセスランキング(野球)雑誌アクセスランキング(スポーツ)トップ速報ライブ個人特集みんなの意見ランキング有料RSSニュース提供社プライバシー利用情報について利用規約メディアステートメント記事掲載ポリシー著作権特定商取引法の表示ご意見・ご要望ヘルプ・お問い合わせ

ヤクルト・青木宣親外野手(38)が6日、広島8回戦(神宮)に「3番・左翼」で先発出場。一回1死二塁から、先制の中前適時打を放った。

 相手の先発左腕、K・ジョンソンが投じた146キロのツーシームをはじき返し「連敗中なので先手先手で、とにかく先に点を取ることを考えて打席に入りました。先制することができて良かったです」と胸を張った。

【広告】

世界も驚く!

注目の置き換えダイエット

初回540円~スナック菓子でダイエット 



コメントは受け付けていません。