わずか3日でまた登録抹消 阪神・ガンケルが腰痛のため(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

阪神の新外国人、ジョー・ガンケル投手(28)が14日、出場選手登録を抹消された。この日のヤクルト戦(甲子園)前、室内練習場での練習中に腰の張りを訴えたため。12日に登録されたばかりだったが、わずか3日でまた離脱となった。

 来日1年目で先発ローテーションの一角として期待をかけられていたが、初登板となった6月24日のヤクルト戦(神宮)で4回7安打3失点と結果を出せず、2軍落ち。8日のウエスタン・リーグ、ソフトバンク戦(鳴尾浜)で5回1安打無失点と好投し、藤川の離脱などの投手陣事情から、ロングリリーフ要員として再昇格していた。

 代わって浜地真澄投手(22)が今季初昇格した。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。