【函館11R・五稜郭S】好位2番手で運んだナイママがV JRA移籍後は初勝利(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

7月11日の函館11R、五稜郭S(3歳上3勝クラス、芝2000メートル、9頭立て)は3番人気のナイママ(牡4歳、美浦・武藤善則厩舎)が2番手から抜け出して、ホッカイドウ競馬所属時の18年8月のコスモス賞以来となる3勝目を挙げた。勝ちタイムは2分1秒1。

【動画】日本一〇な女子アナ・薄井しお里の実況予想…七夕賞・G3の予想

 “ホーム”ともいえる北海道で復活を遂げた。2番手で運んだナイママ。最後の直線でレースを引っ張ったハウエバーをかわすと、外からワセダインブルーが強襲も首差でしのいで、先頭でゴールを駆け抜けた。

 2歳夏にホッカイドウ競馬に所属したまま、JRAに挑戦。コスモス賞で白星を挙げたあと札幌2歳Sで2着に入ると、その後は南関東の川崎に移籍して、JRAの重賞に挑んだが、19年の報知杯弥生賞(8着)のあと、JRAに移籍。クラシックにフル参戦したが、勝利としてはJRA移籍後は初となった。

 初騎乗だった丹内は「前に行っていいところを引き出せた」と話した。次走は未定だが、函館記念・G3(19日、函館)もプランに入ってきそうだ。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。