【ロッテ】菅野剛士、井上晴哉の2ランで4点を先制(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆パ・リーグ ロッテ―西武(11日・ZOZOマリン)

 風速15メートルとマリン特有の浜風が吹き荒れた。初回1死二塁。「3番・左翼」で今季初スタメンのロッテ・菅野剛士外野手(27)が西武・松本の直球を完璧に捉え、ライトスタンドへの1号2ランで先制。「打ったのは真っすぐです。しっかり捉えることができました。スタメンで使っていただいてるので、1打席目から結果を残すことができて良かったです」と笑顔を見せた。

 さらに続くレアードが四球で出塁した1死一塁。5番・井上が松本の直球を豪快にすくい上げると、打球は上がりきらないまま、左翼席のホームランラグーンへと一直線に飛び込んだ。

 「昨日に引き続き温かい声援、拍手ありがとうございます。ごっちゃし!」とホームランパフォーマンス「ごっちゃし」を披露。菅野の貴重な一発と、井上の2試合連続となる“弾丸本塁打”で初回から大いに観客を沸かせ、チームは4点を先制した。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。