前田健太、2度目ライブBPで4回63球「前回から修正し、うまく投げられた」 (スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

ツインズの前田健太投手(31)が10日(日本時間11日)、夏季キャンプ2度目のライブBPに登板。4イニングを投げて、球数は63球だった。

 「前回から修正して、コマンドも良くなったし、変化球でも三振を取るボールや、カウントを取るボールなど、上手く投げられた」と納得の表情だ。前回登板を「力みがあり、体の開きが早くなるなどバラツキがあった」と反省。この日は意図のあるボールを自在に操り、更に感覚を高めた。

 バルデリ監督は「プロらしい内容。非常にシャープだった。彼は自分の課題を全て試し、やるべきことを遂行している。彼の仕草からも楽しんでいることが伺える」と頼もしそうだ。

 新型コロナウイルス感染拡大による異例のシーズン。オープン戦が制約され、味方相手の紅白戦での調整となるが、「怪我をさせたくないので、元々オープン戦でも厳しい所に投げない。それほど変わらないと思う」と意に介さない。無観客試合も「集中して自分の気持ちを盛り上げていけば、意外と行けるのかな」と、メジャー5年目の余裕が漂う。

 この日は主力がオフで若手中心の打線だったが、「ツインズの主力を、どう抑えるか。いい打者を相手に、今、練習しているボールを投げて、シーズンにどう使えるかを最後の調整にしたい」と、前田は難易度を上げたい意向。次回登板は15日(同16日)の予定。5イニング以上が目安で、走者や守備が付き、更に実戦モードに突入する。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。