石川遼、通算5アンダーで35位「現状を知ることができた」/国内男子(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

ゴルフパートナー・エキシビション最終日(10日、茨城・取手国際GC=6766ヤード、パー70)ツアー外競技として2日間の日程で開催。首位に3打差の10位から出た22歳の関藤直煕(なおき)=エブリイ=が9バーディー、ボギーなしでコースレコードとなる61をマークし、通算14アンダーで優勝した。石川遼(28)=CASIO=は通算5アンダーで35位だった。

 首位に2打差の5位から出た石川は4バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの71と伸ばせず。「内容は良くなかったけど、2日間通して今の現状を知ることができた。今後に向けていい材料になった」と前を向いた。次戦は「全米プロ選手権」(8月6~9日)となる可能性が濃厚。5年ぶりの海外メジャー出場へ調整を続ける。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。