落馬負傷の団野大成騎手は18日函館競馬で戦列復帰の見込み(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

5日の福島競馬で落馬負傷した団野大成騎手(20)=栗・斉藤崇=が、18日の函館競馬で戦列復帰することが10日、明らかになった。同日朝に栗東トレセンに姿を見せた団野騎手は「骨折ではなくて、診断名は腰部筋肉内血種でした。日に日に良くなっていて、きのう(9日)福島の退院しました」と経過を報告。「来週の火曜(14日)から函館で調教に乗って、来週末から函館で復帰します」と語った。

 落馬負傷で乗り替わりになったバビット(栗・浜田、牡3)が、5日のGIII・ラジオNIKKEI賞を制覇。それでも、20歳の若武者は「それはもう終わったことなので。またがんばります」と力を込めた。函館2歳S(18日、函館、GIII、芝1200m)では、自らの手綱で初陣Vを飾ったラヴケリー(栗・高柳大、牝2)に騎乗予定。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。