森保監督、A代表&五輪代表兼任続行 残り1年でのスタッフ変更「生産性が上がらない」(サンケイスポーツ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:サンケイスポーツ

日本協会は9日、技術委員会を開き、日本代表の森保一監督(51)が東京五輪代表(U-24日本代表)も兼務する現体制を継続することを決めた。新型コロナウイルスの影響で双方の活動が重なることから“兼任解除論”が浮上していたが、兼任の続行を確認した形。ただし来春に活動が重なる時期は、U-24日本代表を横内昭展コーチ(52)が監督として指揮することも決めた。

 森保兼任監督の“続投”が決まった。反町康治技術委員長は、肩の荷が下りたような笑顔でオンライン取材に応じた。

 「東京五輪までの1年間でスタッフを替えて、生産性が上がるのか。それは現実的ではないという判断。兼務継続? そうです」

 この日の技術委員会で方針が決まり、その後の理事会で正式承認された。コロナ禍で今年9月のA代表戦が来年6月へ移動。そのため来年6月はA代表4試合となり、来年7月に開幕する東京五輪直前の大事な時期と重なる。厳しい日程の中で、日本協会の田嶋幸三会長も「(兼任体制について)技術委員会で議論してほしい」と問題提起していた。

 反町氏はスタッフの継続性とともに、世代間の融合を進められる兼任の利点を強調。特に五輪世代のMF久保(マジョルカ)やDF冨安(ボローニャ)、MF堂安(PSV)らの名前を挙げて「彼ら7、8人は既にA代表候補。U-24は、もはやアンダー世代とは言えない」と力説した。2つの代表を融合させる「ワンチーム、ツーカテゴリー」を兼任監督のもとで推し進める考えだ。

 A代表のW杯最終予選は来年3月に2試合、同6月に4試合の予定。同時期にU-24の強化試合も組み込まれる予定だ。この時期は横内コーチがU-24の監督を務めることも決定。これまでは同じ状況で、横内氏はあくまで監督“代行”だった。実質的に森保監督は五輪本番直前までU-24の指揮は執らない形となり、懸念は残りそうだ。(宇賀神隆)

【広告】

世界も驚く!

注目の置き換えダイエット

初回540円~スナック菓子でダイエット 



コメントは受け付けていません。