丹萌乃が「日本女子オープン」地区予選に臨むも61位/国内女子(サンケイスポーツ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:サンケイスポーツ

ゴルフの「日本女子オープン」D地区予選が6日、118人が参加して兵庫・三木GC(6373ヤード、パー72)で行われた。今季国内ツアー出場資格がない丹萌乃(ディライトワークス)は降雨による約2時間の中断など悪コンディションにも苦しみ、バーディーなしの8ボギーの80で61位に終わった。4オーバー76(マッチングスコアカード方式)までの23人が、最終予選(8月31日-9月1日、千葉・カレドニアンGC)に進出。本戦は10月1日から4日間、福岡・ザ・クラシックGCで開かれる。

 一発大逆転の夢への道は“しょっぱな”で終わった。岡山・作陽高では渋野日向子(サントリー)の2年先輩だった23歳は、「昨日の練習からショットが右に行く。午前中は雨もすごかった」と肩を落とした。

 丹は2018年に日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)に単年登録し、プロとなった。その年には下部ツアー優勝も果たし、昨季は賞金ランキング91位ながら35試合に出場。だが、5度目の挑戦だった昨年もプロテストは失敗だった。JLPGAの制度変更でプロテストに合格して会員にならないと全ての競技に出場できなくなり、“浪人”を余儀なくされた。

 今季は中国ツアーへの挑戦を決め、1月にはQT(予選会)を突破。だがコロナ禍で、3月から始まる予定だった中国ツアーも中止に。地元・愛媛でのラウンドレッスンなどで生活費を稼ぐ生活が続き、「きょうは中国のQT以来の試合でした」。実戦不足は否めなかった。

 今季の国内ツアーに出場できる可能性があったのはJGA主催の「日本女子オープン」だけ。そこで優勝すれば会員となる資格も、ツアー出場権も手に入るはずだった。が、現実は甘くなかった。厳しい状況に追い打ちをかけるように今年度のプロテストも来年3月以降に延期となったが、心は折れていない。「ツアーに出場していたからこそ、またあの場所に帰りたい。頑張ります」。自分のいるべき場所を求めて挑戦は続く。(臼杵孝志)

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントは受け付けていません。