【福島6R・新馬】7番人気の伏兵マルスが好スタートから逃げ切る! 木幡巧「幼い面はあるが勝ててよかった」(サンケイスポーツ)

出典元:サンケイスポーツ

7月5日の福島6R・2歳新馬(芝1200メートル)は、木幡巧也騎手騎乗の7番人気マルス(牡、美浦・岩戸孝樹厩舎)が好スタートからスピードを生かし切って逃げ切り勝ちを果たした。タイムは1分11秒8(重)。

 アタマ差の2着にはロンギングバース(1番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着にニューフィー(3番人気)が続いた。

 マルスは、父が新種牡馬のリオンディーズ(父キングカメハメハ)で母モンテドーター、母の父ブライアンズタイムという血統。

 ◆木幡巧也騎手(1着 マルス)「右にモタれる面があるので内ラチ沿いを走らせたいと思っていた。スタートも決まったので前に行かせる競馬をした。最後もモタれたり、幼い面はあるが勝ててよかった」

【広告】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。