【広島】今季初黒星の大瀬良「修正しきれなかったのはまだまだだと思う」(スポーツ報知)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ公式戦 広島3―9阪神(4日・マツダスタジアム)

 広島・大瀬良大地投手(29)が先発し、4回8安打5失点でマウンドを降り、今季初黒星を喫した。

 初回2死二塁、マルテに144キロの外角直球を捉えられ、左中間席へ先制2ランを運ばれると、4回2死二、三塁のピンチでも、甘く入った150キロの内角直球を近本に捉えられ、2点を献上。エースは「修正しきれなかったのはまだまだだと思う。チームにリズムを持って行かないといけなかった。責任をすごく感じている」と肩を落とした。佐々岡監督は「痛かったのは4回。あそこを踏ん張れたらまだまだ投げられた」と振り返った。

 75年の外木場義郎氏、84年の北別府学氏以来、球団3人目となる開幕戦から3試合連続完投勝利の記録がかかっていたが、達成できず。「(納得いく投球を)続けることができなかった。まだまだ成長していく過程の中にいるということ。この悔しさを糧に次回頑張ります」と前を向いた。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。