【阪神】先制弾のマルテにアクシデント発生か 3回の守備から途中交代(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ公式戦 広島―阪神(4日・マツダ)

 阪神のジェフリー・マルテ内野手(29)が、3回の守備からベンチに退いた。

 「4番・三塁」で先発出場すると、0―0の初回2死二塁で大瀬良から先制の2号2ラン。3回1死の第2打席は遊ゴロに倒れたが、その裏の守備から三塁の守備に大山が入った。何かしらのアクシデントが発生したとみられる。

 来日2年目のマルテはここまで全試合に出場し、6月21日の巨人戦(東京D)からこの日まで11試合連続4番でスタメン。この日を含めて打率2割8分9厘、2本塁打、5打点と貧打に苦しむチームにおいて欠かせない存在で、離脱となれば大きな痛手になる。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。