巨人・坂本、芸術弾で菅野を援護!「何とか先に点を取ってあげたかった」(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人5-0中日、1回戦、巨人1勝、3日、東京D)技ありの一発で息を吹き返した。巨人・坂本勇人内野手(31)が、0-0の六回に左翼席へ2号ソロ。五回まで両軍合わせて1安打しか出ない緊迫した投手戦が続く中、価値ある決勝点となり「ピッチャー(菅野)が頑張っていたので、何とか先に点を取ってあげたかった」と会心の一打を振り返った。

 同学年で、昨季は12打数5安打と好相性だった中日・大野雄がフルカウントから地面すれすれの低さに投じたスライダーに、泳がされながら捉えた。利き腕の左腕1本のフォロースルーで、左翼席最前列付近に運んだ。

 6月28日のヤクルト戦(神宮)を最後に当たりが止まっていた主将。一回2死から4試合ぶり、14打席ぶりの安打を左前に放って勢いに乗った。V弾を含むこの日の2安打で、節目の通算2000安打まで残り103とした。

 原監督は「投手としても失投ではなかったのではないかな。このところ、ちょっと安打も出ていなかったし、何かいいきっかけになればと思いますね」と、主将の復調に安堵(あんど)した。

【広告】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。