ボクシング・清水聡、井上浩樹は陰性 7・16防衛戦のコロナ抗体検査 試合前日にはPCR検査実施(スポーツ報知)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:スポーツ報知

プロボクシング東洋太平洋フェザー級(57・1キロ以下)王者・清水聡(34)と日本スーパーライト級(63・5キロ以下)王者・井上浩樹(28)=ともに大橋=が、25日に横浜市の中崎クリニックで受けた新型コロナウイルスの試合3週前抗体検査の結果は陰性だった。29日、日本ボクシングコミッションへの取材で分かった。今回は7月16日に東京・後楽園ホールで行う防衛戦の3週前抗体検査で、試合前日の同15日には計量、検診のほか、プロボクシング界初となるPCR検査を受けることになっている。同検査は各陣営のチーフセコンドも受ける予定。

 プロボクシングの国内興行は7月から再開予定で、12日の初戦は愛知・刈谷市で行われる中日本新人王予選。16日の興行は再開後初のタイトルマッチ2試合が無観客試合として行われる。2012年ロンドン五輪男子バンタム級銅メダリストの清水は、元日本ユース王者で東洋太平洋14位の殿本恭平(24)=勝輝=相手に5度目の防衛を目指す。WBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥、前WBC世界同級暫定王者・井上拓真(ともに大橋)兄弟のいとこ・井上浩は、日本スーパーライト級1位・永田大士(30)=三迫=とのV2戦に臨む。

【広告】

世界も驚く!

注目の置き換えダイエット

初回540円~スナック菓子でダイエット 



コメントは受け付けていません。