【CBC賞】休養明けでもクリノガウディーが主役(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:サンケイスポーツ

クリノガウディーは高松宮記念で1位入線も、進路妨害により4着降着。残念な結果に終わったが、GIでの力走は高く評価していいだろう。前走でスプリント戦への適性を証明。休み明けになるが、鉄砲駆けも利くタイプ。スムーズなら好勝負になる。

 タイセイアベニールは、目下の充実ぶりから重賞で相手が強化されても楽しみな存在。鋭い脚を駆使した鞍馬S快勝の走りを振り返ると、展開次第で突き抜けるシーンがあっても驚けない。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。