【日本ダービー 故郷からのエール】ガロアクリーク生産の笠松牧場、08年ディープスカイ以来の頂点を心待ち(スポーツ報知)

◆第87回日本ダービー・G1(5月31日・芝2400メートル、東京競馬場)

 3歳馬7262頭のうち、選ばれしものだけが参戦を許される日本ダービー。生産者にとっては出走させるだけでも名誉であり胸躍る大舞台だ。今回、出走馬の故郷から、エールを届ける。

 笠松牧場で皐月賞をテレビ観戦していたスタッフが前のめりになったのは、ガロアクリークが外を一気に伸びてきたゴール前のシーンだった。「とにかく無事にと願っていたので、ただただ感動しました」と、牧場の水上千歳さん(38)は3着でダービーの優先出走権を手にした瞬間を振り返る。牧場としては、ディープスカイが制した08年以来の大一番となる。「現地で応援できないのはやっぱり残念ですが、そのぶん画面越しに大声で応援したい」。変則2冠馬に続く競走馬を育てることが、牧場の目標。前走以上の躍進を全員が願っている。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。