ハーランドはC・ロナウドやメッシよりも上?スペイン紙が同時期の成績を比較(フットボールチャンネル)

ドルトムントに所属するノルウェー代表FWエルリング・ブラウト・ハーランドが、データ上ではクリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシを上回っているようだ。スペイン『アス』が現地時間25日に報じた。

【熱血サッカー動画】ブンデスリーガ日本人最多得点数に並んだ岡崎慎司の泥臭いゴール集

 現在19歳のハーランドはザルツブルクでの活躍が認められ、今冬の移籍市場でドルトムントに移籍。ドルトムントではすでに公式戦13試合に出場13得点を記録している。

 同メディアは、現在19歳10ヶ月のハーランドと同じ時期のメッシ、ロナウドを比較。通算106試合出場62得点で1試合平均0.58得点のハーランドに対して、同時期のメッシは63試合20得点で同0.31、ロナウドは87試合出場12得点で同0.13であった。

 19歳と10ヶ月の時点ですでに106試合に出場62得点を記録しているハーランド。同じ62得点に到達した試合数を比較すると、メッシが132試合、ロナウドが233試合で到達している。

 チームやリーグ、時代が違うため、ハーランドの実力が上とは言い難いが、少なくとも数字上ではバロンドール受賞者を上回っている。19歳の神童FWは今後、どこまで得点を重ねることができるだろうか。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。