女子ゴルフ、2020-21年シーズンを統合(サンケイスポーツ)

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の小林浩美会長(57)が25日、オンライン形式の記者会見を行い、新型コロナウイルスの感染拡大でまだ開幕できない2020年のシーズンと21年のシーズンを統合すると発表した。シード権など今季の出場資格は来季に持ち越しとなる。

 シーズンを統合する理由を小林会長は37試合を予定していた今季の試合のうち既に約半分の18試合が中止になったことを挙げ、仮に残り試合をすべて消化できても「シーズンを通した力量を反映したものとはいえず、その賞金ランキングなどで21年の出場資格を付与することは公平の観点から100%の保障とはいえず、2020年と21年を一つのシーズンと考えるのが適切と考えた」と説明した。

 出場資格は今季と来季の実施試合数が34試合(日本女子オープン、TOTOジャパンクラシック、JLPGAツアー選手権リコー杯を除く)に達した時点で見直され、賞金ランキングなどに応じて新たに付与される。出場優先順位を決めるQTランキングは同じく21試合を消化した時点でリランキングされることになった。

 また、今季のプロテストは予定通り実施する方向だが、それに伴い大会出場人数が増えることについては「各大会の主催者のお願いし、総出場人数枠を増やすことで調整したい」と話した。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。