【安田記念】アーモンドアイ新記録の芝GI8勝狙う(サンケイスポーツ)

春の東京GI5連戦を締めくくる上半期マイル王決定戦「第70回安田記念」(6月7日)の登録が24日に締め切られ、17頭がエントリーした。

 ヴィクトリアマイルで歴代トップタイの芝GI7勝をマークしたアーモンドアイが登録してきた。ルメール騎手が後ろを振り返るほどの余裕を見せた勝ちっぷりはすさまじく、ジャパンC、ドバイターフ、天皇賞・秋などのV実績からしても、牡馬が相手でも心配はない。

 24日はWコースでキャンター調整を行い、「レースの反動や疲れは残っていないし、元気いっぱい。前回の競馬内容を見ていると、心身ともにまた一段階上がった感じがする。順調だから中2週でGOサインが出せる」と国枝調教師。本格的な追い切りは今週末と当週に行う予定だ。

 大ケガから復帰した戸崎騎手が、ダノンキングリーと4戦ぶりにコンビを組む。前走の大阪杯では3着と、GI制覇まであとわずかだ。萩原調教師は「順調にきています。追い切りの動きも良かった」と、毎日王冠Vなど【3・1・0・0】とベストの東京に臨む。

 昨年の覇者インディチャンプは秋のマイルCSも勝ち、国内マイルGI3連勝がかかる。そのチャンプを暮れの香港マイルで破ったNHKマイルC馬アドマイヤマーズも打倒アーモンドへ態勢を整えている。(夕刊フジ)

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。