Vリーグ・パナソニック新監督にティリ・ロラン氏、フランス代表と異例の兼任(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:パナソニックの新監督に就任するティリ・ロラン氏

バレーボールVリーグ男子1部・パナソニック(大阪府枚方市)は22日、2020―21シーズンからの新監督に、フランス代表監督のティリ・ロラン氏(56)が就任することを発表した。任期は4年。パナソニックは1951年の創部以来初の外国人監督招へいとなり、Vリーグのチーム監督を海外の現役代表監督が兼任することは異例。 

 ロラン氏は12年に母国フランスの代表監督に就任し、16年リオ五輪では3大会ぶり五輪出場へ導いた。東京五輪出場権も獲得済み。8月上旬に来日して指導を開始し、10月17日のVリーグ開幕を迎える予定だ。

 就任にあたり「パナソニックパンサーズという歴史あるチームで働けることをとても光栄に思っています。また、日本の文化にも興味があり、ヨーロッパとは違うバレーボールに対する真面目さも勉強したいと思っています。パンサーズの新たな歴史を作り、世界一のクラブチームとなるためにチャレンジを続けるとともに、ファンの皆様と心を一つにしてチームとして戦うスピリットをお見せしたいと思います」とコメント。

 パナソニックには清水邦広、福沢達哉(海外移籍中)、深津英臣、山内晶大、久原翼、大竹壱青の日本代表6選手が在籍。6シーズン率いた川村慎二監督(42)は勇退した。

 ◆ティリ・ロラン 1963年12月1日、フランス生まれ。56歳。フランス代表選手として88年ソウル五輪、92年バルセロナ五輪出場。引退後、母国のクラブチームやチェコ代表監督を経て12年、フランス代表監督就任。15年ヨーロッパ選手権優勝、15、17年ワールドリーグ優勝に導いた。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントは受け付けていません。