【オリックス】吉田正尚が打球速度アップで進化誓う「最速180キロを目指したい」(スポーツ報知)

オリックスの吉田正尚外野手(26)が21日、京セラドームでチーム練習を行い、終了後にオンライン取材に対応した。開幕が延期となり、自主練習などを重ねてきたここまでを「キャンプの続きみたいな感覚」と表現。現在の取り組みとして「キャンプ期間のようにトレーニングの負荷を上げています。ウェートなどで筋力アップをしながら、それを野球に結びつけられればと。強くしっかり振るということをテーマにして、打球速度を意識しています」と明かした。

 打者が放った打球の初速を示す数値で、打者の能力を評価する新たな指標として近年、注目されてきた「打球速度」。昨季のメジャーリーグでの最高打球速度は本塁打王2回の強打者、G・スタントン(ヤンキース)がマークした約194キロ。大谷翔平で約185キロとされる。吉田正は昨季の最高打球速度が約178キロといい「(最速)180キロを目指したい」と進化へ意欲。そして「スイングスピードが上がることは、プラスになってくると思います。平均的に(打球)速度が上がれば、ゴロになっても野手の間を抜けることにもなると思いますから」と狙いを説明した。

 最短で6月19日の開幕を目指す指針が示されており、順調なら今月末から来月にかけて紅白戦、練習試合が組まれていく見込み。そのため、チーム練習もここから本格化されていく。それだけに、チームの主砲も「今はキャンプの終盤という位置づけ。今までは自分のレベルアップを考えてきたけど、今後は実戦が入ってくる予定もあります。対投手というところで、実戦の中でいろいろと確かめてやっていければいいなと思っています」と徐々に開幕モードへ切り替えていく準備を整えている。待ちわびる開幕に向けて「しっかり逆算して、コンディションを上げていくだけです」と意気込んだ。

 また、20日に開催中止の決まった夏の甲子園大会についても改めて言及。「一番は安全です。この現状が、まず収まることだと思っています。ただ、いろんな対策が見込まれる中で、3年生には最後にプレーできる環境をつくってあげられればいいなと思います」と球児を思いやった。

【広告】

新規申込みで

70,000円キャッシュバック


コメントは受け付けていません。