県岐阜商・鍛治舎巧監督、東海4県での3年生救済大会を提案(スポーツ報知)

出典元:3年生とのオンラインミーティングで涙ぐむ県岐阜商・鍛治舎監督(カメラ・谷口 健二)

県岐阜商の鍛治舎巧監督(69)が20日、同校で会見を開き、夏の甲子園に代わる3年生救済大会を提案した。私案として披露したのは、東海4県(愛知、三重、岐阜、静岡)が独自に行う県大会で決勝に残ったそれぞれ2校ずつ(計8校)が“東海大会”に進出するというもの。

 同校OBでもある指揮官は「救済策とか代替案とか言葉も出たが、何の慰めにもならない。甲子園に代わるものはない」と強調しながらも「このまま、なし崩し的に終わるわけにはいかない。何か区切りとなるような取り組みがなければ」と実現を訴えた。

 春に続き甲子園への道が絶たれたことについては「致し方ないなというのが今の実感。状況は春とはまるっきり違う。この夏の判断は仕方がない」と受け止めた。会見後には3年生25人とオンラインミーティングを行い「後輩たちがこういう思いをしてほしくない」と訴える選手に、涙する場面もあった。(長尾 隆広)

【広告】

ましきでんち

高いバッテリー交換とは、

もうオサラバしましょう!!

大量仕入れにて実現した格安提供☆

満充電の状態で着いたその日から使用可!!


コメントは受け付けていません。