甲子園の夢を絶ってしまい…痛恨の極み、史上初春夏連続中止 高野連会長、球児の健康第一に「苦渋の決断」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

日本高野連と朝日新聞社は20日、8月10日に開幕予定だった第102回全国高校野球選手権大会の第2回運営委員会と理事会などをオンラインで開き、スポーツ報知既報通り、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、大会中止を正式決定した。全国の49地方大会も中止となった。夏の甲子園の中止は戦後初で、春夏連続の中止は史上初となった。また、主催者は代替大会の開催の是非を各都道府県高野連に委ねる方針を示し、財政的な支援を約束した。

 戦後初めて夏の甲子園の中止が決まった。会見で、大会会長の渡辺雅隆・朝日新聞社社長は「晴れの大舞台を目指していた皆さんの夢を絶ってしまうことになり、大変無念。選手や関係者の安全を最優先に考えた」と、声を絞り出した。日本高野連の八田英二会長も「球児の皆さんに苦渋の決断をお伝えする悲しい日となった。春のセンバツに続き、夏の選手権大会中止を伝えることは断腸の思い。痛恨の極み」と、うつむいた。

 この日の正午から始まった第2回運営委員会では「球児のことを思うと、もう少し(結論を)待てないんですかね」という意見は1人だけで、全会一致で中止を決定。その後の理事会でも反対意見はなく承認された。渡辺会長は「ギリギリまで検討した結果、今この時期」と説明した。

 組み合わせ抽選会や甲子園練習、開会式を取りやめて無観客で開催することも検討された。14日に緊急事態宣言が39県で解除されたが、八田会長は「宣言が一部解除されたから積極的、楽観的に開催の方向に、とはならなかった。悲観的に決定を考えている。球児の健康を第一に考えると、そこまで踏み切れなかった」と明かした。地方大会の中止についても、渡辺会長は「49の代表校がそろう見通しが立つのかどうか。全国の地区で万全に実施することは極めて難しい」と指摘した。

 選手権大会扱いにはならないが、主催者が作成するガイドラインに沿って開催される代替大会は事実上のゴーサインを出した。八田会長は「自主的なご判断にお任せする」と、各都道府県連盟に委ねる方針を示した。資金不足に悩む高野連もあるため「財政的な支援はさせていただく。理事会の了承は得ている」と明言。49地区のうち、約3分の2で代替大会を検討している。

 本大会の延期は選択肢になく、夏の甲子園の大会期間中にセンバツに出場予定だった32校で全国大会を開催することも否定した。関係者は「考えられる状況にない」と、救済案は白紙だと強調。既に大会の運営委員会を開催しており、期日も確定していたことなどから、第102回という大会回数はカウントされるが、それ以外は何も残らない。夏の風物詩がなくなるのは、あまりにも寂しい。(伊井 亮一)

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。