【NHKマイルC】好調の西村厩舎が10日3場メインレース大攻勢 タイセイビジョンには厩舎初G1制覇託す(スポーツ報知)

出典元:西村厩舎のG1初制覇が懸かるタイセイビジョン

◆第25回NHKマイルC・G1(5月10日・芝1600メートル、東京競馬場)

 3歳マイル王を決める第25回NHKマイルC(10日、東京)の出走馬が7日、確定した。重賞2勝のタイセイビジョンと、抽選を突破したソウルトレインの2頭を送り出す西村真幸調教師(44)=栗東=は同日の新潟大賞典、京都の鞍馬Sと3場メインに攻勢をかける。NHKマイルCの枠順はきょう8日に決定する。

 勢いだけとは言わせない。西村厩舎は開業5年目の昨年、それまでのキャリアハイを12勝上回る41勝をマークした。しかし、今年も関西リーディング5位となる15勝を挙げ、その中に重賞も3勝。質量ともに充実した、中身の濃いシーズンを送っている。「取りこぼしている面もありますけどね。去年と同じように勝てるようにしたい。この後には2歳もいい馬が集まっているし、楽しみしかないですね」と西村調教師は笑みを浮かべた。

 昨年の躍進の中心となったのは12頭が勝ち上がった現3歳世代の活躍。なかでも昨年6月の阪神で真っ先に新馬勝ちし、世代を引っ張ったタイセイビジョンが、厩舎のG1初制覇を狙い、NHKマイルCに参戦する。前走のアーリントンCで重賞2勝目。「体に幅が出て、パワーがついてきましたね。折り合い面を考えて、追い切りでもテンをフワッと乗せるように心がけています」。その成果は後方2番手から一気に突き抜けた勝ちっぷりに現れている。

 ここに抽選をクリアしたソウルトレインも加わった東京以外でも、日曜は各場メインで熱い。新潟大賞典は厩舎の重賞初制覇となった昨夏のマーメイドS以来となるサラスの復帰戦。京都の鞍馬Sには前走3着でオープンにメドを立てたタイセイアベニールが出走する。「サラスは2週連続でしっかりやれている。直線の長いコースでしまい勝負。タイセイアベニールも今までで一番と思えるぐらいの状態です」。その言葉は自然と熱を帯びてきた。今週は充実ぶりを物語る大攻勢で勝負に出る。(山本 武志)

<ソウルトレインは抽選通過で挑戦>

 〇…7分の6の抽選を通過したソウルトレインは復帰戦だったニュージーランドTが5着。一度使われ、今週の最終追い切りは栗東・坂路でしまい重点に57秒1―12秒1。先月29日には51秒6―12秒6をマークするなど上昇気配を漂わせている。「すごく良くなって、今までで一番かもしれない。坂路でも自分から行こうとする気持ちが感じられるし、マイルが合う馬」と西村調教師は期待。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。