【日本代表】柴崎が出身地の青森へマスク1万枚寄付(スポーツ報知)

出典元:柴崎岳

スペイン2部デポルティボの日本代表MF柴崎岳(27)が新型コロナウイルス対策への支援として、出身地である青森県の福祉現場へマスク1万枚を寄付するとマネジメント会社「UDN SPORTS」が7日、発表した。

【写真】真野恵里菜、夫・柴崎岳とのリフティング練習で記録更新

 「UDN SPORTS」は、一般社団法人「Get in touch」の活動である「#福祉現場にもマスクを」プロジェクトに対してマスクの寄付などを協力。今月1日にも、柴崎ら契約している75選手が資金を出し、全国の学童や医療従事者向けにマスク20万枚を寄付すると発表していた。

【広告】



コメントは受け付けていません。