楽天・松井がマスク4万枚寄付 宮城県、横浜市、川崎市に(サンケイスポーツ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:4万枚のマスクを寄付する楽天・松井(楽天野球団提供)

楽天は7日、松井裕樹投手(24)が宮城県、横浜市、川崎市に計4万枚のマスクを寄付すると発表した。

 楽天が本拠地を置く宮城県に2万枚、出身地の横浜市、桐光学園高時代を過ごした川崎市にはそれぞれ1万枚で、地方自治体を通じて医療機関などに13日頃から順次、納品されるという。

 ◆球団が発表した松井のコメント

 「今、日々懸命に新型コロナウイルスと闘う医療従事者の方が多くいらっしゃいます。そのような方々への感謝の思いと、新型コロナウイルス感染拡大防止のために何かできないかという思いから、このたびマスクの寄付をさせていただくことになりました。

 今回は入団以来県民となり7年目を迎えた第2の故郷である宮城県と、生まれ育った横浜市、高校時代に3年間過ごした川崎市へ寄付させていただき、医療従事者の方々やマスクが不足して困っている方々に届けていただきたいと思います。

 微力ではありますが、皆さんが一日でも早く普段の生活を取り戻すための力となり、開幕を迎えたとき、皆さんへ笑顔を届けられるようなピッチングをお見せできるよう私も頑張ります」

【広告】


コメントは受け付けていません。