ロッテ・佐々木朗、野球少年に贈る言葉「ノビノビとプレーしよう」(サンケイスポーツ)

出典元:ストレッチ動画の第3弾が5日から公開。ロッテ・佐々木朗は野球少年たちにメッセージを贈った(球団提供)

ロッテは「こどもの日」の5日、球団公式YouTubeチャンネルでドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡高=によるストレッチ動画の第3弾を公開する。最速163キロ右腕は、岩手で生まれ育った自身の少年時代を踏まえ、休校中で自宅待機が続く野球少年たちへ、「ノビノビとプレーしよう」など、熱いメッセージを贈った。

 友達と校庭や河川敷で白球を追いかけた日々が脳裏によみがえった。休校中でいつもとは違う、こどもの日を迎える野球少年たちへ、佐々木朗がメッセージを発信した。

 「今は思うように遊べなかったり、学校に行けなくて大変だと思います。今、できることを見つけて取り組みましょう」

 この日は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、6日までとされていた緊急事態宣言の延長が決定。自身も個人練習しかできない状況だが、未来を担う子供たちへ、伝えたいことがあった。

 5日に大好評の「家でも出来る簡単ストレッチ」第3弾を球団公式YouTubeチャンネルで公開する。動画の中で18歳は、「今もですけど、子供の時の僕はすごく恥ずかしがり屋でした」と明かした。大船渡高では163キロをマーク。昨夏の岩手大会では連日超満員の球場で注目を集め、「野球をしているときはあまり考えすぎないようにしよう」と考え方を一変し、グラウンドで力を発揮できるようになった。

 自身の経験も踏まえて、日本中の野球少年に「自分が思っているほど、人は見ていないことが多い。あまり見られているとか、意識しないでノビノビとプレーをしよう」と金言も贈った。

 チームは一時活動を休止していたが、4月28日に自主練習を再開。18歳はこの日、さいたま市の選手寮でウエートトレーニング、体幹トレ、ストレッチなどを行った。

 与えられた環境で、できる限りの努力を-。ZOZOマリンのマウンドで躍動する日を頭に描き、佐々木は前に進む。(樋口航)

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントは受け付けていません。