阪神・梅野は緊急事態宣言延長の方針に「新たに気持ちリセットして」(サンケイスポーツ)

阪神の梅野隆太郎捕手(28)が4日、甲子園で自主練習を行った。練習後にオンライン会見に応じ、緊急事態宣言の延長の方針について現在の心境を明かした。

 「全体練習が近づいてきたと思ったらこういうことだったので。また新たに気持ちリセットして、同じようにやるしかない」

 4月15日からチームは活動を再開し、球団施設で選手は自主練習している。今後も緊急事態宣言が延長される見通しで、これまでと同様に自主練習を継続する予定だ。

 「(他の選手も)同じ気持ちだと思う。同じ期間で同じ繰り返しになるけど、有意義に時間を使っていけたら」

 この日は打撃練習やキャッチボール、ウエートトレなどで体を動かした。

 開幕の時期も不透明な状況。それでも梅野は「けがをしないように気を引き締めて、いい準備ができたら」と力を込めた。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。