オランダ代表のクーマン監督が緊急入院。心臓手術成功で命に別状なし(フットボールチャンネル)

出典元:【写真:Getty Images】

オランダサッカー協会が3日、オランダ代表を率いる57歳のロナルド・クーマン監督が心臓のカテーテル手術を行なったと発表。

 発表によると、クーマン監督が現地時間3日に胸部の痛みを訴えた後に緊急入院し心臓の手術を行うことになったという。手術は無事成功し明日にも退院できる見通しのようだ。オランダサッカー協会は「我々はロナルド氏の回復を願っている」との声明を出している。

 クーマン監督は現役時代に1989年から1995年までバルセロナで活躍し、4回のリーグ優勝や1992年の欧州制覇などに大きく貢献。2018年2月にオランダ代表監督に就任し、UEFAネーションズカップで準優勝の好成績を残したあと、EURO2020予選でも2位で本大会出場を決めている。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントは受け付けていません。