オリックス・荒西、気合70球「10勝を目標に、貯金つくれる投手に」(サンケイスポーツ)

オリックス・荒西祐大投手(27)が3日、大阪・舞洲の球団施設で自主練習を行った。

 「自分の課題は2ストライクに追い込んでから甘く入って痛打されるケースが多いこと。ゲームをイメージしながら、カウントごとにボールの出し入れができるように投げ分けることを意識しています」

 ブルペンでの投球練習を週2回のペースで行っている右腕は、この日は70球を投じた。キャッチボールでもライナー性のキレのあるボールを投げることを意識している。ルーキーイヤーの昨季は14試合で1勝4敗、防御率5・57。今季は開幕からの先発枠入りを期待されているだけに、この期間を生かしてレベルアップに余念がない。

 「個人的には10勝を目標に、貯金をつくれる投手になりたいです」。2桁勝利をマークし、チームの勝利に貢献する。(西垣戸理大)

【広告】



コメントは受け付けていません。