五郎丸歩 2015年W杯伝説のスパイク公開(スポーツ報知)

出典元:五郎丸歩

ラグビー元日本代表のFB五郎丸歩(34)=ヤマハ発動機=が3日、自身のツイッターで「思い出のシューズ」について動画で公開。2015年のW杯で着用した黄色のスパイクで「歴史を大きく変えたいという強い思いがあった」と、右足には自身の長男、左足には次男の名前を入れてプレーしていたことを明かした。

 同大会では、初戦の南アフリカ戦では34―32の歴史的大金星に貢献するなど58得点を挙げる活躍。日本は3勝を挙げながら、1次リーグ敗退となったが、五郎丸は大会終了後にベストフィフティーンにも選出され、キック前のルーティンの構えは「五郎丸ポーズ」として一世を風靡した。

 このスパイクについて、五郎丸は「彼らが大きくなった時にプレゼントできればいいなと思っています」と明かし「個人的にはスパイク以上に思い出ができるような自分のストーリーを作っていきたい」と先を見据えた。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。